従業員数50人越えを見据えて ー弊社の労務担当が衛生管理者資格に合格しました!ー

スタートアップやベンチャーの企業では、社員数の増加や会社の成長にともない「会社としてやらなければならないこと」が増えていきます。その1つとしてあげられるのが、衛生管理者の選任。労働者数が50人を超える事業場では、労働者の健康状態の把握や労働災害の防止のため、その事業場専属の衛生管理者の選任が必要となります。

衛生管理者とは

・労働安全衛生法により定められた、国家資格を有する者

・作業環境や労働者の健康を管理し、衛生委員会の運用も行う

・常時50人以上の労働者が働く事業場において、法的に設置が義務付けられている

スタートアップ企業である弊社も従業員数が急増しており、50人を超えるタイミングに備え準備をしてきました。今回労務担当の社員が衛生管理者試験を受験し、無事合格しました。

 

 

労務担当者コメント

労務担当として、従業員増加を日々肌で感じていました。事業計画で従業員数が50人を超えると判明した段階で、自身の評価制度の目標に「衛生管理者の合格」を設定し、勉強に励みました。
無事に合格出来たので、今後の業務に生かして行けるように取り組んで行きたいと思っています!

 

TRASTAでは、「会社の成長にともない必要となってくる様々な対応を先読みし、社員1人ひとりがやるべきことを実行する。そうして会社の成長を支えていけるような体制」を目指し、各自が日々の業務を行っています。今後もさらなる成長を目指し、積極的に取り組んでまいります。

News

More →

Press Release

More →
(C) TRASTA inc.