第三者割当増資による総額4.25億円の資⾦調達実施のお知らせ

日本初TRAVEL Tech事業に取り組む株式会社TRASTA(旧 株式会社BIJ)(本社:東京都渋⾕区、代表取締役:⽊地貴雄以下「当社」)は株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古⽊⼤咲/証券コード:1435)、SBIインベストメント株式会社及びみずほキャピタル株式会社がそれぞれ運⽤するファンド、並びに個⼈投資家を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額4.25億円の資⾦調達をいたしましたのでお知らせいたします。

今回の資⾦調達の⽬的

今回調達した資⾦は⼦会社のCuonと共同で開発中の外部連携可能なPMSシステムや⾃社Webメディア等のシステム開発資⾦をはじめ、事業拡⼤を図るための⼈員拡充に充当し、体制の強化と基盤固めを⾏ってまいります。

第三者割当増資の引受先について

  • 株式会社インベスターズクラウド
  • SBIベンチャー企業成⻑⽀援投資事業有限責任組合
  • SBIベンチャー企業成⻑⽀援2号投資事業有限責任組合
  • SBIベンチャー企業成⻑⽀援3号投資事業有限責任組合
  • SBIベンチャー企業成⻑⽀援4号投資事業有限責任組合
  • みずほ成⻑⽀援第2号投資事業有限責任組合
  • 個⼈投資家等

当社のTRAVEL Tech事業について

当社はこれまでに⽇本初となるIoT体験型のホステルを2016年8⽉に福岡でオープンし、半年後の2017年3⽉に3倍の定員数が収容可能なホステル「THE LIFE HOSTEL」を福岡2号店として展開。
2017年2⽉には⽇額の宿泊料で収⽀を⽴てるモデルの投資⽤アパートメントタイプのホステル「HOSTEL APARTMENT Umeda」を⼤阪で開業いたしました。

これらのホステルは共通して旅館業を取得しており、適法な形で増加する訪⽇客の需要に対応可能です。

News

More →

Press Release

More →
(C) TRASTA inc.